女子アジアカップ決勝戦! 日本vsオーストラリアのダイジェスト動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強いだけでは勝ちきれないのもサッカー

グループリーグでも対戦して1対1で引き分けた日本とオーストラリア

決勝でぶつかった両者。 決勝戦の内容はオーストラリアがシュート数・ボール保持率でも2・3倍勝っていました。

サッカーの面白いところで、世界トップのレアルやバルサでもリーガを全勝で優勝することができないこと。 オーストラリアも同じで、体格・パワー・支配率・世界ランキングで圧倒しているオーストラリアなのだけれど、ガッチリ守備をして少ないチャンスをモノにした日本が勝ってしまう、必ずしも強いだけでは勝つことが出来ない、サッカーは弱いチームでも強いチームを負かしてしまうことが出来る、絶対なんてない面白いスポーツですね。

守りきった山下選手、決めるとこでキッチリ決めた横山選手

前半のPKを止めチームに勢いを付けたGK山下選手。日本の4本のシュートに対してオーストラリアは24本。この数字だけでもDF・GKが0点に抑えられたのは奇跡? いや、最後まで集中出来ていたからですね。

後半途中でFW横山選手が出場。 今大会でも調子が良かった横山選手、この試合でも一つのチャンスをキッチリ物にしましたね。 シュートまでがイメージした通りでき、シュートもGKが取ることができないコーススピード、最高でした。

試合内容は圧倒されていたけれど、最後に笑っていたのは日本でした。

女子も男子もワールドカップで強豪と戦いますが、弱いチームでも強いチームに勝てる、最後まで諦めない姿をこの決勝戦から学べたのではないでしょうか?

小学生からプロまでサッカーをしているみんなに良いお手本になりましたね。

優勝おめでとうございます!

本大会も頑張ってほしいですね。