相手の前で何もできないのはダメ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手に突っ込むだけでは抜けません

サッカーを見ていたらよく見かけるダメなプレー

ボールを受けると相手に突っ込んで行く、意図の無いただ突っ込むだけのドリブルでは相手を抜くこともできませんね。

大事なのは『何をしようと相手の前に行ったのか?』

相手を抜く・かわすのにノープランの行き当たりばったりでは、まぐれの1回は成功してもそれはただただ運が良かっただけ。

今後の成長に繋げるには、何を思い、試し、どうなったので、どうするのか?が大事なこと

まずは、相手と向き合う前に考えていることが重要になります。

ドリブルする時に大事なのは”アイデアと間”

相手に向かってドリブルするが何もできずにボールを取られるのは、そもそも相手を抜くアイデアを持ってないのか、アイデアはあるが出せず仕舞いでボールを奪われてしまうかのどちらかでしょう。

サッカーは試合中ずっと場面場面で色んなことを考えていないといけませんから、ボールを受けた時には、次に何をするのかをボールを受ける前に考えておく必要があります。

アイデアとは、相手を抜くまたは交わすフェイントやボールコントロールのこと

アイデアは、多く持ってる方がいいです。色んなシチュエーションがありますのでその時どきに使えるアイデア、その場面に合ったアイデアが必要になります。

アイデアは練習から使い自分のモノにしていきましょう。 一つでもいいので、得意技を持っておくことが大事になります。 まず得意な技を練習しまくりましょう。それしか無いです。

もう一つ重要なのが相手と自分との間(マ)です。相手との距離感が非常に大事になります。

まず自分の間を知らないといけません。 人それぞれ間は違います、足の速い人・体格の大きさ・フェイントの種類などによって相手と開けるは変わって来ます。

相手DFの足が届かない距離・フェイントを仕掛けられる距離が自分の間で、大事なのは後者の方です。 ディフェンダーにも自分の間があり、相手FWの得意な距離にならないようなディフェンス方法を取ろうとしてきます。 ドリブルで仕掛ける方は、自分の間に持ち込む、自分の間を作るようにしていかなければいけません。

自分の間は、フェイントの種類、例えばシザースとステップを左右に踏むフェイントでは仕掛ける距離が変わって来ますので、一番効果的な、自分に合った相手との距離を理解出来るまで練習をして行かなければいけませんね。

ドリブルには”抜く”と❝かわす❞がある

なにも相手を抜くだけがドリブルではありません。 ボールを運ぶことがドリブルなので❝抜く❞ことにこだわる事もないのです。

抜く・・・勝負する、相手を抜いてチャンスを自ら作る

かわす・・スペースや左右にドリブルする、相手のポジションを揺さぶる

『抜く抜く抜く』ばかりだと相手に取ってワンパターンになり対応が簡単になるので、スペースへドリブル・かわすを交えながら、相手を抜きにかかる方が相手に取っては嫌なものです。

相手を抜く為に仕掛けるには、左右にドリブルしたり相手と距離を取りながら、自分の間を作り出すことが重要になります。

距離をとって自分の間でフェイントを使い抜きにかかりましょう。

相手DFに突っ込まない為に

練習から自分の得意なフェイントを練習しまくりましょう! 一つでも自分のできる得意なフェイントを身に付ける事。

フェイントは相手のバランスを崩す為のもの。

自分の間を分かる為にも練習からドリブルで仕掛けましょう。 フェイントを駆使して相手を抜ける自分の距離感を覚えましょう。

フェイントを仕掛けるには相手との距離が肝心です。

常にじぶんの前には相手が居るのです。常にドリブルが必要です。 アイデアを常に持ち、駆使してゴールを意識したドリブルを仕掛けましょう。

相手に突っ込まない為にはアイデアと間は本番前の事前に準備が必要です。

練習で出来ないことは試合でも出来ません。 アイデアと間を練習から意識してやりましょう