卒団式を迎えて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

息子もいよいよジュニアサッカー卒団へ

幼稚園年長からサッカーを始め、J下部チームと地元サッカーチームの両方でサッカーをしながら、選手登録のある小学4年生ではJ下部クラブへ入団を決め、小学5年生までJ下部チームでサッカーを経験してチームメイトとの力の差を感じJ下部チームを退団。

そんな時、地元チームの保護者やコーチ達からの『戻っておいで』の温かい言葉で息子ももう一度サッカーをしたいと地元チームに出戻ることができました。

地元サッカーチームでは、某大会で中央大会大阪ベスト16まで行く事ができ、ガンバ大阪のホームスタジアムで前座試合を行うこともできました。

息子が本当にサッカーが好きか、サッカーに情熱があるのかわからないまま小学サッカーを見守って来ましたが、やっと6年生の終わりになりかけ、コーチの指導もあり、自分のプレーに自信がついてきたこともあり、自分で考え・自分のプレーを間違ってでも出せるようになってきました。ほんとに感謝!です。

強いチームだけが全てではなく、これからの『サッカー人生においてサッカーを楽しむこと』の基礎を理解できた地元のサッカーチームの関係者の方々、チームメイトのみんな、息子を呼び戻してくれた保護者の方々へは感謝・感謝の気持ちでいっぱいです!

中学に行けば学校は一緒だけどサッカーチームはバラバラになるみんな、また大会などで対戦相手として会うことになるかもしれませんが皆に恥じない選手になっていって欲しいと思っています。

小学サッカーでのアドバイス

私のサッカー人生でも、息子を見守った6年間でも、やっぱり『サッカーを好きにならなければいけません』

『サッカーを好きになる為には、サッカーを上手くなることが必要です』

サッカーのレベルを人と比べると苦しくなることがあります。まずは今の自分より上手くなることを考えてサッカーに取り組むことです。一つ一つを乗り越えて行くことで自然にサッカーに対しての自信につながる事でしょう。

コーチの指導方法も重要ですし、チームメイトも重要です、が

まずどんなチームに所属しようと上手くなろうと思わないとサッカーで人より楽しむことはできません。本気で上手くなるには?を考えてサッカーに取り組んで行きましょう!

何か為になりそうなことを思いついたら、これからもこのブログを更新し続けていきますので過去の内容やこれからのことを読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする