サッカーの声出しシリーズ⑨ 【カウンター・速攻】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンターでピンチをチャンスに切り替えよう

サッカーに必要な声を出し。

少年サッカー時期などではなかなか声を出す事が出来ない人が多いのではないでしょうか?

❝今日は声を出してみよう❞と練習・試合に挑むのですが、今日も出せないまま・・・

そんな子供や選手にセリフとして覚え、声を出していくキッカケ作りをしてみようと思います

今回のテーマは【カウンター・速攻】の声にしてみました。

速攻の声を出すタイミングは?

速攻・カウンターの声を使うタイミングは、相手が自陣まで攻撃され味方が全体的に下がってしまいディフェンスに追われている状態で、相手からボールを奪い攻撃に転じた時、相手ディフェンダーの人数が少なかったり、守備態勢が整っていない時に出す声で、簡単に言うと、前掛かりになった相手に素早く攻撃し掛けると言うことです。

ピンチの後の『今がチャンス!』って言う時に出したらいい声なので、後ろからガンガン声を出して行きましょう!

フィールド外からも出しやすい声なので、ベンチにいる選手もどんどん声を出して行きましょう!

カウンター・速攻の心得

① 速攻には時間を掛けない。

カウンター・速攻はどれだけ早くシュートまでもっていけるかの勝負。時間がかかってしまっては相手選手が戻って来てしまいますのでチャンスでは無くなってしまいますね。

② シュートで終わらせる。

意識したいのは素早くシュートまでもって行くこと。 シュートで終わらせること。 点を取る為にはシュートを打つ事ですが必要ですが、それ以外にも中途半端に奪われないこと、パスをカットされるようなことがあれば逆にカウンターを喰らうことにもなりますので、シュートで攻撃を終わらすイメージで。

③ 逆にカウンターをされないように。

速攻を掛ける方のDFはディフェンスラインを上げるまでに。 全員がチャンスとなり前掛かりになり過ぎると逆にカウンターを受ける可能性もありますので、デフェンスラインを上げて相手の攻撃に集中しておきましょう。

まとめ

数的有利な場面、攻撃に時間を掛けない方が良い時などは、周りから『速攻!』などの声を掛けてあげましょう! 遅攻と速攻にメリハリをつけるて、『シュート!』って声も必要かもしれませんね。 速攻をする選手も必死になっていますので、周りからの声がヒントになり意識に無かったシュートを意識するかもしれません。速攻・カウンターのメリットを最大限に利用して、少ないチャンスでも1点に繋いでいきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする