サッカーの声出しシリーズ① ワンサイドカット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンサイドカットで相手の攻撃を限定させる

サッカーに必要な声を出し。

少年サッカー時期などではなかなか声を出す事が出来ない人が多いのではないでしょうか?

❝今日は声を出してみよう❞と練習・試合に挑むのですが、今日も出せないまま・・・

そんな子供や選手にセリフとして覚え、声を出していくキッカケ作りをしてみようと思います

今回のテーマは【ワンサイドカット】にしてみました。ワンサイドカットの基本はこちらより

サッカー未経験の親が教える教科書 ワンサイドカット編
サッカーのディフェンス方法の一つ、ワンサイドカットを小学生またサッカー未経験の親に分かりやすく説明しています。 ワンランク上のディフェンスを覚えよう。これで1対1に強くなろう。

ワンサイドカットの声はディフェンス時に掛けるもの。相手の攻撃をワンサイドにカットする、一定方向(片側のサイド)へ追い込み、攻撃の選択肢を片側のサイドからに絞る事で味方のディフェンスが片側に集中できディフェンスしやすくなる守備の方法です。

ワンサイドカットは1対1でも使いますし、前線のFWから相手の攻撃をワンサイドに限定して行く時にも使います。なので、後ろにいる見方が前方の味方に指示する時に使います。

ワンサイドカットの声の掛け方

声の掛け方は簡単です。

味方が相手のボール保持者にプレスを掛けた時に、中央より左側にいる相手には左サイドに追い込むように、右サイドにいる相手には右サイドライン側に追い込むように、中央側にパス・ドリブルさせないようなポジションを味方に取らせるように言いましょう。

『右切って!』『左から!』『中を切って!』『中に行かすな!』こんな感じです。

たとえば2人で相手をライン際に追い込み囲う時などでは、『縦を』切れ(縦に行かすなよ、俺が横から行くから囲うぞ的な)などもその場の判断で」も有りですね。

要は、自分の守りやすい様に、味方に動いてもらう時に使うと言うこと。

この指示が無いと、チームは相手チームに右からも左からも攻められえてグランド中を走りまわされる事になります。 肝心な時に体力切れになってしまいますね。

まとめ

難しく考えないで、声を掛けましょう。

簡単に『ワンサイド切って!』でもいいですし、分かりやすく『右を切れ』『中にいかすな』もいいですね。まず一声から。

勇気を出して一声から。 一声出せたら次は楽に出せますから。

そこが頑張りどころです。

サッカー声出しシリーズ② ボールをもらう時!
少年サッカーでの声出しの悩み、まず第一歩としてこのテーマ『サッカー声出しシリーズ② ボールをもらう時!』を読んでみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする