熊野那智大社 日本サッカーのシンボル「八咫烏」参り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山県の熊野那智大社で八咫烏参り

みなさんは知っていますか? 行ったことがありますか? 日本サッカーのシンボルとして使われている「八咫烏(ヤタガラス)」が祀られている神社の事を。

和歌山県の熊野那智大社で三本足のヤタガラスが太陽の化身として祀られています。

三本足は天・地・人をあらわし、天(神様)と地(大地や自然)と人を地を分けた兄弟と言う事を示し、日本サッカー協会も沢山のゴールにあやかる為にシンボルとして使い、日本代表選手達も必勝祈願としてご参拝されているとのことです。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

那智熊野大社まで

大阪からなので阪和自動車道を最終まで乗り紀勢自動車で海沿いをグルリと走り串本などを通り結構長い道のりを走って行きました。(途中、熊野本宮大社もありますので間違わないよう熊野那智大社へ向かって下さい。)

車で、那智大社の近くまで行けますが山道を登る事を選択(行った日は冬)、駐車場などもふもとにありますので車を停め歩いて行きました。

前に見えてる山を登る感じですね。駐車場に停め大門坂入口より歩き始めます。

こんな山道が続きます。夏歩いて行く人はなかなかの根性がありますね。熱中症に注意しましょう。途中にお見上げ屋などがあります、そこで休憩できますが、そこまで車で行く事も出来ますので。

1時間も歩かないくらいで那智大社に到着するでしょう。

奥の滝が那智の滝です。那知大社内からの眺めですね。

これが那智大社内の八咫烏が祀られているところです。

こんな感じで、写真撮っちゃいますよね。

八咫烏のマークもシッカリ入っていました。

今も使っている那智大社のストラップ。

鈴は魔除けになるんですって。大社内に売っていますよ。

熊野那智大社を行ってみて

自分が行ったのが1月でしたが歩いていると汗が出て来ていました。           夏はもっと体力がいるでしょうね。 大阪から約3時間くらいで帰りは渋滞もあり、もっと時間かかりました。

到着し歩いて登りお参りし下山で3時間くらいは居てると思います。

日帰り弾丸ツアーはなかなか体力を使いますので、くれぐれも車での運転には気を付けてくださいね。 帰り道、新宮の方に向かって帰りましたが渋滞していたのと遠周りでした。   来た道を帰った方が早かったかもしれません。

大自然を感じれますし、サッカーしているお子さんも是非連れて行ってあげて欲しいですね

パワーを頂いて帰って来た感じになりましたよ。

足を守りたいなら 足の神様 服部天神
サッカー・スポーツしているなら一度は行こう! 大阪の足の神様 服部天神、足を使うスポーツをしているお子さんがいればこの服部天神さんに行けれるのをおススメしますよ。