【小学生サッカー】サブ組からレギュラーになる為に必要なこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の持っている武器を理解し高めていく

レギュラーで試合に出場している自分と同じポジションの子とは、どこに差がありレギュラーを奪えないのか、どうすればレギュラーになれるのか?考えることはありますが、レギュラー奪取とこれから先のことも長い目で見ることを踏まえて考えて方がいいですね。

ジュニアサッカーでも、体の大きさ・スピード・ドリブル・ポジショニング・1対1の強さ、など色々な特徴があり、レギュラーの子達にすべてにおいて負けているなどあるかもしれませんね?

でも必要なことは相手の子と比較する事より、どれだけ自分に得意な❝武器❞を持っているか武器を磨きいつでも使える状態に出来ているかではないでしょうか?

武器と言うのは、体の強さ・スピード・賢さ・ボールコントロール・声を出す気持ちなどの事です。

何を自分の武器にするのか?

まず自分の武器になる得意なことを2つ練習で鍛えていきましょう。 足の速い子はスピードにドリブルやフェイントなどを練習し、足が遅い子ならポジショニングの取り方やスタミナアップなどでもいいですね。 キック力がある子なら視野を広げるようにルックアップを練習するなど❝サッカーの3B❞【ボールコントロール・ボディーバランス・ブレーン】の同じ項目内でない違う項目を2つ選ぶのがいいのではないでしょうか?

ボールコントロール:ドリブル・トラップ・パス・シュートなどボールコントロールテクニックを鍛えましょう。

ボディーバランス:身体能力・速さ・スタミナ・筋力・当たり負けないなどの能力。 変えれない所もありますが、変わるところもあります。

ブレイン:理解力・判断の速さ・ポジショニング・発想力・危険察知や狙い所などのサッカーの賢さ。 声を出すなども入りますね。 これも重要で聞くことや体験して考え学ぶこと。

【サッカー用語】サッカーの3Bを知っていますか? サッカーに重要な能力
「【サッカー用語】サッカーの3Bを知っていますか? サッカーに重要な能力」と言う題でブログをアップ!是非ご覧ください。

*私も昔から足が遅かったので「足さえ速ければ」と足の遅さのせいにしていたことを思い出します。 でもその中でキックの精度・ボールを扱うテクニック・視野を広げる・相手の裏をつくパスなどを意識し練習して自分の長所としてきました。

足を早くするには限界があると思います。体を大きくさせるにも時期や限界があるでしょう。

ボールコントロールやブレインは練習量や意識することで成長していくでしょう。

まず自分の得意なことを伸ばすことを考え、それに有効なもう一つの武器を磨きましょう。

レギュラーの子も必死に努力している。レギュラー奪取も簡単ではない。

足が遅い・体が小さい・キック力がないなど言い訳はいくらでも出来るでしょう。 スタミナが付くほど人より走り込みましたか? ボールコントロール・フェイントの練習は癖になる程しましたか? 試合で試しましたか? 練習での分からないことはコーチに聞きましたか? 流してないですか? 上手くなることに限界は無いと思います。 世界No1プレーヤーも練習を欠かさずにしているでしょう。

上手くなり伸びる時期もあります。サッカーを理解出来る時期も人それぞれ違いがあるでしょう。

でも本当にレギュラーを奪い取りたい気持ちがあるのなら、この上手くなる時期・サッカーを理解する時期を練習や勉強で早めなければレギュラーの子達には勝てないかもしれませんね。練習したことは自分を裏切らないんで、『サブ組からレギュラーになる為に必要なこと』とは、練習(ボールコントロール)と練習での意識(ブレイン)・練習外での体の管理(ボディーバランス)のサッカーの3Bを考え、自分にあった武器を高めていくことになるでしょう。 目標はレギュラーになるでしょうが、❝自分の武器がチームで一番になる❞でもいいのではないでしょうか?

【少年サッカー】 周りを見る(ルックアップ)方法は?
練習や試合の中で、コーチや親から「周りを見ろ」と言われた事はありますよね? 具体的に周りを見ると言う事を教えてもらいましたか? いまいち分かっていないのなら、これを読んでヒントにしてみて下さい。 周りをみるには?周りを見ることができれば?などを書いてみましたので練習のヒントに約立ててください。
子供の身長を伸ばすサポートする飲み物
『サッカー未経験の親と小学生が共感する』では今回、子供の身長を伸ばすサポートする飲み物を取り上げて、子供の成長で悩んでいる親、身長を伸ばしたい子供の役に立てばと思い書いてみました。何かヒントになればと思っております
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする