リフティングが2回出来たら100回出来てしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リフティングは2回できれば100回できる!

❝リフティングは2回できれば100回できる❞と言い切れるのは、それほど難しい挑

戦では無いからです。 もちろん最初から100回はできないもので練習を何度もして、

何度も挑戦してやっとできるものですけど、練習を続ければ必ずできるようになります。

リフティング2回できる子は、3回もできるようになるでしょう。3回リフティングできた子

は、5回できるようになるでしょう。 この考え方で、10回目指し成功すれば20・50回

と増やし、50回できればもう100回も200回もできるようになってきます。

「2回のリフティングを繰り返すだけなのですから」

サッカー未経験のお父さんやお母さんも子供と一緒に100回を目指して下さい。 応援する

だけではなく、難しさやコツを子供さんと一緒に共感して上げてください。

リフティングを100回する方法

コツと言いますか、これが出来れば100回はできるだろうポイントですが、

① リフティングに集中してください。

② 100回できる自身を持って挑んでください。

これだけですよね。 これが出来れば100回なんて簡単にできるでしょう。

細かい事を言えば、

① ボールを足の甲であろうと太ももや頭であろうと、ボールの落下する真下(中心)

を真上に蹴る上げる事に集中する事です。 これは大事です。

② 自身を持って欲しい事は2回できたんだから3回もできるってこと。

2回を繰り返すだけ、2回を10回繰り替すことが20回できることで、ただそれを繰

り返すだけ。  本当です。

もちろん繰り返しの練習は必要です。

少し高い目標を1個づつ達成していき自身に変えていってくださいね。

こうすれば続けられるんじゃないかな、と言うコツを。

足の甲(インステップキック)は真っすぐ伸ばし真っすぐインパクトすること

ボールは低過ぎてもダメ。頭の位置より高く上がり過ぎるのもダメですね。次につなげにくくなりますので。 太もものリフティングも太ももを地面と平行に、ようはボールを真っすぐ真上に上げれるように練習して下さいね。 太ももも足の甲も、ボールと体の距離が近くなり過ぎないように注意してくださいね。 近すぎるとボールを真上に上げにくくなりますので。

ボールは素直です。 壁に向かって、真っすぐ蹴ると真っすぐ跳ね返ってきます。壁に斜めに当たると当たった同じ角度で反対に飛んで行きますよね? リフティングも一緒でボールを真下(中心)から蹴ると真上に上がりそのまま真下に落ちてくるものです。ボールを回転させないように真上に蹴る練習を繰り返して行いましょう、そうすれば10回・20回と出来るようになるでしょう。 20回もできれば100回できたも同然です。 必ず100回くらいは簡単にできるようになりますから。

リフティング200回・300回なんてしなくてもいい

リフティングが100回できれば後はコンディション(集中)次第で200回、300回はできるもの。 100回出来ればリフティングはクリアで、できる事に自信を持ち違う練習に切り替え、集中して行って欲しいですね。 リフティングが大好きで500回、1000回を目指したいのならいいですが、100回もできれば300回はできますよ。

目標を切り替え、次は違うフェイントでも自分のものにして行きましょうか?

体格の差で悩んでいる親御さんヘ
少年サッカーで体格の差で負ける、体格の差で悩んでいることはないですか? 早生まれの差をデータをもとに書いてみました。小学生のトレセン人数、今しないといけない事、子供はどう考えているのかなど悩みも解消してもらえればいいなと思います。
【サッカー用語】サッカーの3Bを知っていますか? サッカーに重要な能力
「【サッカー用語】サッカーの3Bを知っていますか? サッカーに重要な能力」と言う題でブログをアップ!是非ご覧ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする