【少年サッカー】サイドのポジションの人がすることは?No2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイドのポジションがする仕事とは?

前回、サイドポジションのオフェンス時の動き方・考え方を書いてみました。「サイドポジションとは」は前回を確認してくださいね。

今回は、ディフェンス時の動き方・考え方などについて書いてみようと思いますので、参考になるところがあれば是非試してくださいね。

サイドポジションのデフェンス時

味方がボールを保持している時の攻撃の考えではなく、守備のことの考え方と相手がボールを保持している時の守備の考え方を分けて書いてみます。

味方チームがボールを持っている時(ディフェンス時)

マッチアップする相手サイド選手のポジショニングを常に把握しておく。

自分にボールが入った事を考え、次はどう行動するかを考えておく。

守備時は味方選手との距離感を意識し距離感覚を把握しておく。(団子にならないように)

見方が逆サイドから攻撃を始めているのなら中央付近に絞り、危険な中央の守備をカクンターに備え固めておくか、サイドMFであれば逆サイドの展開を仕掛ける為にグランドを広くポジショニングするかの判断をする。

ポジションに関係なく危険なエリアに気が付けば、自分が戻るか・声を掛けて味方の選手を動かすようにする。

サッカー未経験の親が教える教科書 ワンサイドカット編
サッカーのディフェンス方法の一つ、ワンサイドカットを小学生またサッカー未経験の親に分かりやすく説明しています。 ワンランク上のディフェンスを覚えよう。これで1対1に強くなろう。

相手チームがボールを持っている時(ディフェンス時)

マッチアップしている相手選手をマークする。(相手選手の足の速さやテクニック・利き足・キック力を早めに把握する)

ディフェンスの基本

⑴マークしている相手選手に入るボールをインターセプトする

⑵マークしている選手にボールが入れば簡単に前を振り向かせないようにする

⑶ドリブルを仕掛けられると、一発で取りに行くことはしない。なるべく時間を掛けさせるようにディフェンスをする

⑷ワンツーを仕掛けられると、ワンでパスを出した相手選手を追いかけるようにする。

ディフェンスラインを意識する

簡単にクリアを選択しないようにする。 

クリアーする時も、ラインを一旦切るクリアでなければ、一人でも上手い味方選手のポジションを常に確認しておきてクリアするようなパスを意識する。

サイドより中央の方が危険なエリア

サイドを捨て中央やゴール前の危険なエリアへ戻る判断も必要。

サイドポジションのディフェンス時のまとめ

ディフェンスの基本、❝まずインターセプトを狙う・次に振り向かせない・時間をかける❞を意識して必ず実行すること。

ポジションに関係なく得点される危険なポジションには戻ること、または味方を戻すように声を掛けること。

マッチアップする相手の特徴を早い段階で把握すること。(足の速さ・利き足や反対の足のキック力や精度・トラップやドリブルの技術) ピンチとチャンスは紙一重で、常に自分にボールが来れば攻撃が始まる意識で周りの仲間のポジショニングやスペースを確認しておく。

クリアをせずパスで味方につなげる意識を持っておく。

ディフェンス時、オフサイドラインを意識し端から端まで見渡せるサイドの選手が声を掛けるのもいい。

味方選手の位置・相手選手の位置、周りを確認しながらディフェンスすること、ディフェンスしながら次の攻撃チャンスを狙っておくこと。 サイドの選手はタッチラインを背にして顔を上げればグランド全体を見渡せるはず、積極的に声を出して味方のピンチを助けよう。ボールをもらう事を怖がらず、ボールを取られることが失敗では無く仕掛けない事の方を反省しよう

サイドが強いチームはなかなか強敵でしょう。

自信と目標を持って練習・試合に挑みましょう。

【少年サッカー】ディフェンダーの基本的知識
少年サッカーでのディフェンスの基本的な動き・考え方を書いてみました。 サッカー未経験の親御さんも一緒になって子供とサッカーを共感してみて下さい。