サッカー声出しシリーズ⑥ 【前!準備!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前線に動き出しの準備を促す声

サッカーに必要な声を出し。

少年サッカー時期などではなかなか声を出す事が出来ない人が多いのではないでしょうか?

❝今日は声を出してみよう❞と練習・試合に挑むのですが、今日も出せないまま・・・

そんな子供や選手にセリフとして覚え、声を出していくキッカケ作りをしてみようと思います

今回のテーマは【前線への『準備!』の声】にしてみました。

なぜ準備の声が必要なのか?

サッカーでは、前もっての準備行動が重要になって来ます。ただただ味方から簡単にボールを受けれる程、サッカーは簡単ではありません。 ただただボールを受け取っている選手は見れば分かるほど次の行動が遅かったり、パスを受ける前にボールを奪われたり、単純な見えている範囲でのプレーしか出来ていないはずです。

準備とは、プレー中に自分にボールが渡る事前の用意のこと。

必要な準備は、周りを見る・ポジションを取る・次のプレーを考える、が必要。

これが出来ていないと、マークを外せないほか、マークされていないのでボールすら渡らない、ボールを受けてもすることが単純で効果的な攻撃ができないでしょう。

この『準備! 用意!』の声を出すのは、主にディフェンス側の選手になるります。 守備に対応している時、ラインを割って仕切り直して攻めだそうとする時が声出しのタイミングになります。 味方DFが攻め込まれて守備している時のFWや、遠いサイドでボールの奪いやいをしている時の逆サイドの選手などは、一息入れたり、ボールが無いため集中が切れたりでボールをもらう準備できていない事があります。

見方がボールを相手から取って『さぁ攻め出すぞ』のタイミングで動き出しても相手DFも味方がボールを奪われたタイミングで『さぁ守るぞ』と守備に切り替えだすのでタイミング的には同じになります。 相手より早いタイミングで1歩2歩と動き出して良いポジションを取らなければ相手より優位な状況を作り出せませんね。

なので、GKやDFが守備に追われている時、またボールがラインを割って仕切り直す時に、『用意できてるか⁉』『準備!前、準備できてないゾ』『前、動き出しが遅い』など集中が切れている選手に準備の動きを催促する声を出して行きましょう。

準備が出来ているFWには、DFからするとボールを渡しやすいポジションを取ってくれているので助かることになるでしょう。

GKが、味方DFがボールを持った時点で攻撃が始まります。ゴールキック1発でアシストできればこんな経済的な事はないですよね? わざわざ繋いで繋いでパスを回し時間を掛けての1点とキック1発でも同じ1点。 FWの動き出しの良さとGKがボールを持った後の攻守の切り替えの速さ、また準備の大切さの理解力があればできることですね。

準備が理解出来たら声を出す練習を!!

GK、DFは意識して、守りながら攻撃の事を考えておきましょう。常にボールを奪うと【攻撃の始まり】を意識して『守備をしながら攻撃』を頭に入れて置くと自然に前線の動きに『違和感や遅さ』、『準備の無さ』に気付くでしょう。『もらう準備!』の一声あるだけで、声を出していれば、準備できていれば1点なんてこともあると思うと勿体ないですよね? 意識して声を出して行きましょう!

パスが前線に出てから『動け!』と言うのは遅いですね? ボールが前線に出る前の段階で声を掛けなければいけません。 声を掛けるタイミングも周りのコーチやチームメイトが言っていることを聞き、勉強していきましょう。

実際に声を出すのが一番効果的な練習になりますけどね。 間違っても訂正できる事なので、FWから逆に『早くボールをくれ』と催促されないようにしっかり味方の動きを見て自信を持って声出しをチャレンジしていきましょう!

サッカーでの声出しシリーズ⑦ 【マイボールの声】
ラインを割ったらマイボの声を出そう! サッカーに必要な声を出し。 少年サッカー時期などで、なかなか声を出す事が出来ない人が多いのでは...