【少年サッカー】ディフェンスは体であたろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディフェンスは体でぶつからないと相手に勝てないですよ

サッカーでよくある足先で相手のボールを取りに行き、簡単にかわされてピンチを招くこと。

よくコーチ・監督に『足で行くな!体で行け!』と言われませんか?

ディフェンスなら❝体を相手にぶつける❞❝相手から距離を取るか❞のどちらかではないでしょうか?

Jリーガーでも海外選手でも、有名な選手は皆、ガツガツしたディフェンスが目に浮かびますよね? なりたい選手をイメージしてください。

足先で行くってのはどちらでもない、ダメなやつですね。

では、体で相手のボールを奪いに行くことのメリットを上げてみます。

体でボールを奪いに行くメリット

①相手に余分なプレッシャーを与える事ができる

②ぶつかる事で相手の次の動きを封じ込める。

③相手に勝つとボールを保持し攻撃に転じれること。

①相手に余分なプレッシャーを与える事ができる
とは、相手のディフェンスがガツガツ強いプレッシャーで体をぶつけボールを奪いに来ると相手は嫌がると言うことです。

サッカーでは相手の嫌がることをしないといけません(よく書いていますね)。

プレッシャーが無いと相手は自由にボールを扱うことが出来ます。逆にプレッシャーが強いと相手は好きにボールを扱うことができないのです。相手の頭に『このディフェンダーはあたりが強い』と勝手に意識してしまうのです。相手と距離がある時でもプレッシャーを勝手に感じるのに、体を密着させられてガツガツ来られようならたまったもんではないですよね?

攻撃側はボールを奪われることを嫌がりますので、まずボールを奪われない意識が働いて効果的な攻撃をせず見える範囲の味方にパスを選択してしまいます。

ガツガツ体でボールを奪いに行く事で、相手は勝手に怖がってしまうと言うことです。

②ぶつかる事で相手の次の動きを封じ込めるとは、体を密着させることで相手の動きをブロックすると言うことです。例えば、ディフェンスしている自分を相手が抜きにかかりボールが自分の背後を取られても、相手の進行方向に体を入れているので相手をブロックすることができますね。

前方を振り向かさなければ怖くないですね。ワンツーを使われても常に相手より味方ゴール側に体を入れて置ければ、相手の進行を防ぐことが出来ます。

③相手に勝つとボールを保持し攻撃に転じれるとは、足先でボールを奪う?とボールをツツクだけになってルーズボール(どちらのチームでもないボール)になってしまいますよね?体でボールを取りに行くと、相手からボールを奪い返すことができますので、体を入れボールを保持することが出来るようになります。 マイボールにして攻撃を開始できると言うわけです。 この差は大きいですよね? 足先では、相手からボールを離すだけ、体で奪いに行くとボールを奪い守備から攻撃に、ピンチをチャンスにできるようになりますね

体でぶつかるディフェンスでしてはいけないこと

ディフェンスで大事なのは❝間合い❞です。オフェンスでも❝自分の間合い❞は重要で、フェイントを掛け相手を抜ける間合い。 逆にディフェンスでは、相手を自由にさせないようにしなければいけません。

相手が足が早いからと言って怖がって間を開けすぎると、相手の間合いになったり、相手に自由を与えてしまいます。自分の間合いを相手に近くすることを練習から意識しましょう。

まず、ディフェンスの基本は、マークしている相手にパスが来るのをカットするですよね? 相手にボールが渡ってしまった時には、後ろを売り向かせないようにガツガツ体でボールを奪いにいきましょう。 肝心なのは1歩遅れないことです。 パスカットも遅れてはカットできません。パスカットできなければ相手に体を寄せ振り向かせずプレッシャーを掛けることです。これも一歩遅れると簡単に相手に前を向かせてしまいます。前を向かれるとディフェンスが不利になってしまいますので、勇気を出して一歩早く、相手にパスが来ることを予測してディフェンスすることが大事になります。

何でもかんでも体でぶつかりに行くと、相手に交わされます。これは相手が前を向いていたり、距離がある時です。 相手と距離がある1対1の時は、体で行こうと近づきすぎると1発で向かれるなんてこともありますので、距離がある時には、相手の足からボールが離れる所を狙いましょう。 ボールが足から離れたところを体を入れ奪える位置が一番いいポジションになります。相手の足が早いと近づくのが怖いのですが、勇気を出して相手を自由にさせない、プレッシャーをかける意識で守りましょう。一番ダメなのが中途半端な距離です。

相手に体を入れれる距離より怖がり一歩離れた中途半端な距離です。体も入れられず、足の速さでも負けてしまう、相手にプレッシャーを掛けられない距離です。

これが出来るとチーム力が1つレベルアップします

練習で自分の間合いを相手に近づけて行きましょう。意識する事は距離を相手に近づけること、プレッシャーを与えること。あとは相手が次に何をしてくるのかプレーを読むことが大事になります。 ディフェンスで大事なのは相手からボールを奪い攻撃することです。 抜かれないも大事ですが、ファールしてでもボールを奪ってやると言う気持ちで負けないことがディデンダーには大事ですので。 こんなことを練習から意識してチーム全員がプレーしていけば、今よりも一つ上のレベルのチームと互角に戦えるようになりますから。

チームを変えるにはまず、自分の意識から!