サッカー声出しシリーズ⑧【まくって行け~】の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーバーラップを促す❝まくれ~❞の声

サッカーに必要な声を出し。

少年サッカー時期などではなかなか声を出す事が出来ない人が多いのではないでしょうか?

❝今日は声を出してみよう❞と練習・試合に挑むのですが、今日も出せないまま・・・

そんな子供や選手にセリフとして覚え、声を出していくキッカケ作りをしてみようと思います

今回のテーマは【まくれ~の声】にしてみました。

『まくれ~』って言われませんか?  『上がれ~』はまた違って、サイドからまくれ~ってやつです。 『上がれ~』は全員向け、『まくれ~』はサイドから前の選手を追い越す時に出す声になります。

まくるメリットを頭に入れ声出そう!

この『まくれ』は指示の声になります。 しっかりまくる(オーバーラップする)ことの意味を知って声を出していきましょう。

指示の声を最初から出すのに慣れていないのなら、少し違う❝自分が要求する声❞をおススメしますが、ディフェンスリーダーやボランチの選手、サイドからの攻撃を理解している選手ならこの『まくって行け~』の声を言えるようになっておきたいですね。

まくるタイミングやまくった選手の後のフォローする事を理解している選手は積極的に声を出いきましょう。声は敵・味方みんなに聞こえるように出すことで意識さすようにしましょう。相手に選択肢を増やさして対応させること・判断を遅らせることができます。

相手のサイド攻撃を抑え込むには、こちらがサイド攻撃を仕掛け続けるしかありません。

サイドからまくるメリットはこちらから ↓↓

サッカーでの『まくる意味』を理解しているか?
【まくる】ことを理解してまくりまくる 語源は着物? 大阪弁? 腕をまくる?どっちかとゆうと競輪・競馬のまくり上がる方。 サッカーでの...

言葉としては簡単な『まくれ~』の声

実際にボールを持っている選手やオーバーラップしないといけない選手が出す声ではありません。 周りが攻撃とフォローを兼ねて❝まくら❞せるように声を出しましょうです。

攻撃は絶対に重要なのでどんどんサイドからまくり、攻撃する手を緩めてはいけません。なので上がったサイドの選手のポジションをディフェンスラインの選手が意識してディフェンスの人数のコントロール声掛けを行う必要があります。

ボランチの選手もサイドから上がった選手のカバーか? それとも中央からポジションを上げオフェンシブのポジションを取るのか?を選択するセンスは練習から意識して取り組まないとダメですね。

まくる選手は『オーバー!』なんて声を出してサイドから追い越して行く声はあります。

『まくっていけ~』って言うことが出来ればその❝フォローはするぞ❞って意味も含めてみんなに聞こえる声で声を出して欲しいですね。

攻撃に切り替えサイドからまくり出している時にボールを奪われるのは諸刃(もろ刃)なのでカウンターに気を付けながら仕掛けて行きましょう。

攻撃は最大の防御なのでドンドン声を出して❝攻め❞を味方・相手に意識させましょう。その為にもドンドン『まくれ~』の声を出して行きたいですね。

サッカーの声出しシリーズ⑨ 【カウンター・速攻】
少年サッカーでの声出し練習。自分が出しやすい声をどんどん出して行こう。今回は『カウンタ―・速攻』の声。カウンターのメリットを理解してチームのチャンスに声を掛けていきましょう。