【少年サッカー】声出しなんて簡単! まずはひと声から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

声を出さないといけないのは分かっているけど・・・

試合中に声を出さないとダメなのは分かっているけど、出せない・・・。 サッカーは目まぐるしく状況が変わるスポーツ。 ピンチになったと思いきや、パス2本で相手のゴール前まで攻め込んでいるなんてことはよくあることで。味方ゴールキーパーが持った時点で攻めの始まりですからね。

その中で、声を出し続ける状況判断とサッカーの知識に自信がなく声を出しにくくなって、どうしようもなく悩んでいるお子さんも沢山おられるのではないでしょうか?

サッカーで声を出す種類

サッカーには、味方に指示を送る声とチームを盛り上げる声の2種類があります。

⑴ 指示の声

見方をサポートする声で、ボールを保持している人に対してフォローする声、ボールを保持していない周りの人に対して動く指示の声、ディフェンスの対応に対してフォローやマークの声、全体が見える離れている人・ボールから近い人で出す指示の内容が違って来ますね。

⑵ ムード・雰囲気を良くする声

味方を励ます声や鼓舞するような声。 プレーや動きを注意する声やナイスプレーに対して褒める声。 ナイスシュートやナイスディフェンスなど、気持ちで負けない雰囲気を作る声。

指示出しの声にはサッカーを知ることが必要です。小学生でサッカーを知ると言ってもなかなか難しかもしれません。なのでコーチ・監督の言ってたことを伝えるのも良い事でしょう。

間違った指示をしてもいいでしょう。仲間から指摘があるかもしれませんし、コーチからの指摘で間違いに気が付くことができるかもしれません。 何も問題ないのです。 むしろ声を出さない方が問題ですから。

声を出せない子供は、勇気を出して声を出してみましょう。一度声を出してみると意外に難しいことではないことに気が付くと思いますよ。同じ事の繰り返してもいいですし、誰かの真似でもいいのではないでしょうか? 指示の声は、味方とチームを助ける声です。 声をださない? 声を出すしかないでしょう。

⑵チームの雰囲気を良くする声は、簡単ですね、味方を褒めるといいだけです。ナイスシュートやナイスパス、ナイスタックルやナイスキーパー。 おしいプレーの時に言うのもいいですね。 ゴールを決められた時には1点取り返そうや、得点した時にはもう1点取ろうでもいいですね。

自分のプレーに自信が無い選手でも、声を出すことや味方を褒めることはできるのではないでしょうか? 意外に声出しなんて簡単にできますよ。 最初の一声を勇気を出して声に出してみて下さい。

こんな声出しからやってみよう

きっと声出しで悩んでいる子供や親御さんも多いでしょう。 私自身も声出しを出来るようになったのもサッカーを始めて時間が経ち、自分のプレーに自信が付いてからでした。(今となれば時間が経ちと言うのがもったいないのに気が付きました)

でも声出しの根本は、上手い選手だから声を出せるとかではなく、チームの為であり、チームメイトを助ける為なので、そこに上手い・下手は関係ないですね。 声を出す・雰囲気を作るスキルの選手だけでもフィールド内に必要になる選手もいるでしょう。 上手いから・上手くなってから声を出せるっていうのは間違いですね。

指示の声がまだ出せないのなら、味方のナイスプレーに対してなら声を出しやすいでしょう。 この声出しから始めるのが良いのではないでしょうか? 何もフィールド内だけではなく、ベンチからでも声は出せますね。

まず声出しに慣れるまで、意識して味方を褒めようと思う事です。なので良く味方のプレーを見る事です。チーム内で褒め合える雰囲気を作ることです。一人で無理なら友達と、みんなと声出しにチャレンジすることです。

楽しくサッカーをしましょう。 味方のミスを言うのではなく、オシイプレーやナイスプレーに声を出して行きましょう。 これが出来ると自然に指示出しの声も出せるようになってくるのです。 最初の一声です。 最初の一声で変わります。

仲間を巻き込み、声出しにチャレンジしてみるともっと声出しも簡単にできるかもしれませんね。

声出しなんてすぐにクリアーして次のステップに進みましょう。 もっともっとサッカーにはやることが一杯ありますので、声出しなんか癖にしてしまいましょう。 声を出すとサッカーは楽しくなりますよ。そんな雰囲気のいいチームにしていきましょうね。

少年サッカーで声を出せない子、出す方法
少年サッカーで声を出せない子、出す方法としまして、サッカーの試合でなぜうちの子は声を出さないのか?出せないのか?なぜ出さないといけないのかを、書いてみました。サッカー未経験の親にも分かって頂けるように書いてみましたので、他の記事も一緒に読んで下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする