【少年サッカー】 理想のヘディンをするコツとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘディングもボールの芯をとらえる事

まずサッカーのヘディングをする上で一番大事なのは怖がらないことです。 サッカーボールを怖がっていてはヘディングなんてできません。 ヘディングを失敗すると変な所にボールが当たり痛いこともあるでしょう。

ヘディングもインステップシュートと一緒、ボールの芯にオデコを当てないと威力も距離も出ません。 簡単なボールから練習してしっかりボールの芯を捕らえる練習をしましょう。

意識を切り替えて、『まずボールに当てる』なんてことを考えないで『芯をとらえるようにヘディング練習する』と言うふうに一つ難しいところから取り組み”怖さを克服”なんてことを考えさせないように練習に取り組みましょう。

理想のヘディングシュート

理想のヘディングシュートは、やはりGKの足元、ゴールラインに叩きつけるようなヘディングが理想。

GKが反応しにくい、バウンドを付けることでGKがキャッチングしにくいのが、叩きつけるヘディングです。

相手DFとも競り合わないとダメでしょうし、距離がある時・ない時でボールを飛ばす軌道も変わってくるでしょう。 しっかり相手GKの位置・相手DFの位置を確認して、相手より先にボールに触りボールの軌道を変える意識でヘディングをしましょう。

首を振ってコースを変えるヘディングをしてしまいがちですが、まずは基本のまともにオデコに当てることを意識しましょう。

ヘディングも使い分ける

ヘディングはどのポジションでも使いますので、その場その場でヘディングを使い分けることが必要です。

小学生では、距離がなかなか出せないでしょう。その中でも、とっさに判断しボールを飛ばさないといけません。 ヘディングをする勇気も大事ですが、その先のイメージを持ってヘディングをしなければいけませんね。

ボールを高く飛ばすことで、時間を稼ぐヘディング。 味方の足元へ落としてパスするヘディング。 サイドラインを割るヘディング。 ヘディングでループシュートを狙う。 コースを変えるヘディング、

次どうするかのイメージが無いと、ただ頭にボールを当てているだけでは、成長しませんね。

しっかりマイボールにするのか? クリアーするのか? 時間を稼ぐのか? 場所によっても変わりますし、クリアーだけじゃ攻撃できませんしね。 自分がヘディングで飛ばせる距離を知って、当てるだけじゃないヘディングを練習して行きましょう。

ヘディングでキーパーへパス

ゴールキーパーが手で処理できるバックパスにヘディングがあります。 ルール上は意図的でない足に当たったボールや足以外でのバックパスはキーパーもキャッチすることが出来ます。

バックパスをヘディングでする時には、味方GKの位置を確認してバックパスを行いましょう必死になってヘディングのバックパスをすると、GKも飛び出していることがあり、ゴールの前にずっといると思ってパスを出すとオウンゴールになることも良くありますので気を付けましょう。 ヘディングに慣れていないと、バックパス自体がシュートみたいになりますので、声を掛けるなり、練習から慣れておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする