セレクションを終え、中学サッカーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1志望は落ちたけど、自分で選んだチームへ

息子も6年生

昨年の第一志望のセレクションに落選。狭き門をくぐることはできませんでした。第二志望は数チームあったのですが、自分で選んだチームへ入団することにしました。そのチームにはセレクションは無く誰でも入れるチームで、ジュニアのチームから4割ほどジュニアユースへ上がってきます。ジュニアの時に、何回かは対戦したことのあるチームなので、どのくらい強いのかは分かっていました。ジュニアユースを受け持つコーチも、6年生担当がそのまま新一年生を受け持つ方針でした。

チーム説明会を経て

入団を決める前には、現中学への体験練習を何度も参加し、チーム説明会へも親子で参加しました。このチームはサッカーだけではなく、その後の高校へ繋がる為に学業もある程度のことレベルの事をしないと練習に参加させてもらえないと説明がありました。

そんなにレベルの高いことを要求しているのではなく、赤点の子には宿題1ページを課し、それが終わらなければ練習に参加できないようなことでした。赤点の教科が多ければ、宿題のページ数も増えるとのこと。1年の頃は赤点を取らないとのことですが、実際 体験練習の時には、宿題をグランドの隅っこでやり終え練習に参加している上級生も数人いましたので・・・うちの子もそうならないように期待はしてますけれど。

チームの説明会へは是非参加するようにしてください! そのチームのコンセプトや分からないことへの質問、コーチの考えていることなどなど分かることが沢山見えるでしょう。最終確認になりますが3年間を使うのであれば納得出来るチームへ入団することをおススメしますので!

新チームのサッカーのレベルは?

現1・2年生は、2部に所属していて、1部は強豪なのでその下の中くらいのレベルにあたるチームです。息子もその中で、まずはレギュラーを取る事を目指し頑張るとのこと。

新チームにも息子と同じ選抜から数人そのチームへ入団することが決まったそうで、チームのレベルが上がる事を期待しているところです。

中学サッカーでは

決して強いチームでは無いかもしれないけれど、中学サッカーでもコーチの影響も強く受けます。小学生時代と違い、中学3年間では戦術やリーダーシップ力を1つ2つレベルを上げサッカーをより深く楽しんでもらえたらいいなと思っています。

まあ そんなにうまく行くとは思っていませんので、自分で考えて行動できる人間へ成長していってもらえればと思いますね。